心の病気は受診しなくても解決できることがある

サイトメニュー

便利な悩み解決方法

固定電話

時間内に利用する

精神科や心療内科というと、心のケアのために訪れる人が多くなっています。しかし、自身がその受診内容に合うのかどうか、自身では判断ができない悩みを抱えている人も少なくありません。それに初めて訪れるのは不安な人もいることでしょう。このような場合には受診する前に、電話で相談してみるのもいいかもしれません。専用のフリーダイヤルが設けられているところもあります。また、遠方で通えないという人のために電話で相談を受け付けているところもあるので、いろいろな病院を比較してみましょう。それに、一度、電話で相談をしただけで心がスッキリすることもあります。治療が必要な程までではない人はちょっと話をしただけで状態が良くなることもあるのです。このような場合にはわざわざ受診することはありません。人に話すことでホッとできたり、悩みが解決したりするのなら、専門のダイヤルを設けている意味があります。また、心のケアが必要な人の多くは他人に会うことも苦痛に感じる傾向となっています。そこで受診することができない人もたくさんいるのです。しかし、そのままにしておけば確実に症状が悪化してしまいます。こういった場合にも電話での相談は有効的です。少しでも心の負担が軽くなるような方法を取ってみましょう。
精神科や心療内科では電話で相談を受け付けていることがあります。いきなり受診するのは苦痛に感じたり、不安だったりする人はこのような方法を取ってみるのもいいかもしれません。ただし、いつでも気軽にかけられるわけではありません。医師もその他のスタッフも忙しいため、きちんと時間帯を設けています。窓口の利用可能時間について確認した上で、かけるようにしましょう。当然、時間外にかけるのはタブーです。営業時間はきちんと守りましょう。また、一人の患者に対して何時間も長話をするわけにはいきません。一人何分までというように、対応時間が決められていることもあります。その点も事前に確認しておくべきです。時間内に話がおさまるように、何を喋るべきか事前に考えておくといいかもしれません。メモ書きを手に電話で相談してみましょう。受診するのも電話をするのも苦手な人はメールで相談してみるという手段もあります。こちらもまた対応していない病院もあるので事前確認が必要です。メールの場合、文章として記録に残すことができます。何度も文面を考え直すこともできるので、話すよりも明確に伝わるかもしれません。文章を書く方が楽な人はこちらの方法で相談してみるのもいいかもしれません。

Copyright© 2019 心の病気は受診しなくても解決できることがある All Rights Reserved.